12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
|
個別記事の管理2005-11-12 (Sat)


<まだ健康だった頃のいちごさん>

実は先日から いちごの片方の頬がずっと膨らんでいたんです。
最初は 「なんかほっぺに貯めてるなぁ」 くらいにしか思ってなかったんです。
でも 数日経ってもずっと同じ形のまま膨らんでるので
「こりゃ詰めたまま出せなくなったか?」 という感じだったのです。
ちょうど粟の穂の実くらいの大きさで そんな柔らかさでした。
このままほっといて腐ったら頬袋が炎症しそうだと思って
まめママさんに相談して 頬袋から中の物を出してあげる方法を教えて頂いたので
さっそく試してみたところ 結局出す事はできなかったのですが
なんか口の中の物がもうすでに臭ってる事が発覚。
これは危険ということで さっそく病院に連れて行きました。

。。。

診察の結果 頬内部の膿瘍でした。

。。。

餌の塊だと思ってたものは膿の塊でした。
お医者さんの話だと この治療法は3つ。

1.抗生物質投与でそのまま様子を見る。
2.手術で膿瘍だけを取り除く。
3.手術で頬袋ごと摘出する。

。。。

ハムちゃんの場合 手術せずに様子を見るオーナーさんが多いそうです。

一応 今回はあと1週間くらい薬で様子をみましょうということで
手術をするかどうかはまだ決めていません。
いちごにとって どの選択肢が一番いいのか ずっと考えています。

手術という事は 病院に行って 知らない所で麻酔を嗅がされて
恐らくいちごにとって ものすごく恐い思いをさせてしまうのではないかと思います。
若い頃のいちごだったら そんなストレスにも耐えられたと思いますが
今のいちごでは。。。
体重も 今では31gまで落ちてしまって
体力的にも手術に対するリスクは少なくはありません。

逆に手術をしないでこのままの状態だと 膿がどんどん広がってしまうかもしれない。
痛くも苦しくもなければそれでいいんだけど 場所が場所なだけに
膿が脳まで到達して脳炎を起こしてしまったりするんじゃないだろうか。
そしたらきっといちごは色々苦しい思いをする事になるでしょう。

そんなことをいろいろ考えていたら
ハムスターの一生は 結局のところ
ハム親である私達の手の中にすべて握られているという事をしみじみと感じさせられた。

今のいちごの生活の中には私しかいなくて
そしてそれはみかんも一緒で。

いちごもみかんも何も言わない。
だから生も死もすべての選択も 私が選ばなければならない。
そして 私が選んだものが彼女たちのすべてなのだ。

そうである以上 私はやっぱり本人たちが一番望んでいる選択肢を選んであげたい。
でも 彼女達の本意は知る事はできない。

もし 私がいちごの立場だったらどうだろうか。
私だったら 多少苦しい思いをしたとしても
私を必要としてくれる誰かが一人でもいるのなら
少しでも長くその人と一緒に居れるよう 頑張りたいと思う。

もし いちごが私と同じ考えを持っていてくれたら。
いちごを必要としている誰かは 他にはいない 私だ。
私と一緒にいてくれるために いちごは頑張ってくれるだろうか。

。。。

結局のところ
私といちごも 私とみかんも
お互い支え合わないとと成り立たない存在なんだなぁ。。。

。。。

なんか言いたい事の10分の1も書くことができませんでしたが
そういうわけで 手術を受けさせたいと思います。
手術までのあと数日 いつもよりもさらに いっぱいいっぱいいちごに
好きな気持ちを伝えていきたいと思います。

いちごは1歳7ヶ月。 手術をしてうまくいっても
もう先は長くないでしょう。
生きている間に いっぱいいっぱい愛して たくさんの幸せを感じて欲しい。

。。。

なんか 隅っこの方で みかんが恨めしそうにこっちを見てますが
みかんちゃんも同じくらい大好きだからね?

え? 違う?? ひま種欲しいから見てただけ?!(カチーン
スポンサーサイト
Theme : ハムスター * Genre : ペット * Category : *FP*特選集
* Comment : (7) * Trackback : (0) |

* by ぽし
頑張れ、いちごちゃん!
頑張れ、さんたろさん!

手術しよう、と決められたのですね。
手に乗るほどのちっちゃいハムですから、
その小さい身体にストレスを受け止めなくちゃいけないのは、
とってもきついと思います。
でも少しでも楽しく、幸せに生きて欲しいですから、
手術で問題の部位が完治するといいですね。
さんたろさんのハムちゃんへの思いが伝わってきて、
ちょっとうるうるきてしまいました…
いちごちゃんが早く元気になるのを、
心から祈っています。

* by rico
初めまして。
さんたろさんのお名前はまめママさんの所で時々拝見しておりました。

そうです、いちごちゃんが誰よりも頼りにしているのはさんたろさんなのです。
そのさんたろさんがこんなにも悩まれてご決断されたのですから、
いちごちゃんはきっと一生懸命に頑張ると思います。
自分とハムはお互いに支え合う存在、という言葉、とても胸にぐっと来ました。
治療の結果が良いものでありますように。

* by さんたろ
>ぽしさん
応援ありがとうございます!
実は まだ若干迷ってたりもしますが(ぇ
前回の膿瘍みたく 手術前に女医いちご自らの手によって処置されて
うまいこと治っちゃうんじゃないかとか期待してたりもしますが
脳炎という最悪のパターンだけは避けたいので
次回診察時にお医者さんとよく話し合って最終的に決断したいと思います。
私もこれ書いてる途中うるうるきてました(ぉぃ

ぽしさんちのハムちゃんズはお元気ですか??
サイトお休みされてからその後 お変わりないですか?(あおいちゃんのモコモコ写真かわいぃ~♪)

>ricoさん
初めまして! ようこそいらっしゃいました。
そう言って頂けるとすごく心強いです。
まだ心のどこかで迷ってる気持ちもあったりするので。。。
いちごも一生懸命頑張ってくれるといいなー。。。
いちごと私 お互い少しでも後悔のない結果になればいいなと思っています。
本当に 応援ありがとうございます!

* by ちさ
さんたろさんの言われる通りなんですよね。
人と暮らす動物の運命は、その飼い主に全て委ねられているんですよね。
今年の三月、10才の愛犬に手術を受けさせるかどうかで悩んだとき、私も同じ事を思いました。
難しい選択です。迷って迷って、とことんまで悩んで下さい。
大丈夫!これだけさんたろさんが愛情注いできたんですから、そのさんたろさんの決断ならいちごちゃんは絶対受け入れてくれます!絶対!!
いちごちゃんの回復を信じて待ってます。

* by 朋
こんばんは。さんたろさん。
いちごちゃんも腫瘍なんですね。
うちの空も腫瘍疑いです。
でも空は体重25g、年齢2歳5ヶ月で、選ぶ選択はなく、自然にということにしました。

どの選択であれ、さんたろさんが考えた結果でよいと思います。
日記を読めば、いちごちゃんやみかんちゃんがさんたろさんにどんなに大切にされているかはわかります。

辛いだろうけどがんばってくださーい!

管理人のみ閲覧できます * by -

* by さんたろ
>ちささん
応援ありがとうございます。
いちごの膿瘍はだんだん大きくなってきて
もう手術せざるをえない大きさになってしまいました。
いちごもレディだから膿瘍で自分の顔が歪んでいることに悲しみを感じている。。。でしょう(多分
問題は 膿だけをとるか 頬袋ごと取っちゃうかという選択になりつつあります。
これはお医者さんとじっくり話し合って決めたいと思います。

>朋さん
そっかー空ちゃんもう2歳と5ヶ月なんですよね。。。
すごい長寿ですね。 朋さんの赤ちゃんと一緒にアパートに帰れるといいですね。
皮膚の上で しかも小さい腫瘍なら大事には至らなさそうですね。
あ ちなみにうちのいちごは腫瘍じゃなくて 膿瘍なんです。
字で見ると見分けつかないですね すいません><
お医者さんの話だと 何か尖ったものを食べて 頬袋を傷つけて その傷が化膿して 膿がたまってしまったんじゃないかとのことでした。
尖ったもの。。。ひま種の殻。。。??

空ちゃんも 今のままの調子でこれからもゆっくり頑張って下さいねー。

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。